インフォメーション | 高知大ポータル http://www.sakurashi-kankou.net/information/index.rss ja インフォメーション ◆壯年期からの循環器疾患対策に関する産官學連攜協定を締結しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021111200019/  高知県、高知大學及びノバルティスファーマ株式會社は、壯年期からの循環器疾患対策を通じて高知県民の健康壽命の延伸を図ることを目的とする産官學連攜協定を11月9日に締結しました。  高知県は循環器疾患の中でも動脈硬化を原因とする急性心筋梗塞による死亡數が非常に高い狀況が続いており、喫緊の課題となっています。  本協定では、高知県、高知大學及びノバルティスファーマが相互に連攜協力し、高知県が推進する循環器疾患対策に基づいた循環器疾患につながる生活習慣対策、動脈硬化に著目した循環器疾患対策及び心不全の進展?増悪対策を実施することにより、高知県民の健康壽命の延伸を目指していきます。 參考:産學官連攜プロジェクトサイト Tue, 16 Nov 2021 17:25:51 +0900 ◆令和2年度高知信用金庫?高知安心友の會學術賞授與式 及び受賞講演會を開催しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021110200058/  本學醫學部は、高知信用金庫及び高知安心友の會から醫學研究に対して助成金をいただいており、この助成金を基金として、醫學部の基礎?臨床の各分野において學術研究上顕著な成果をあげた研究者に対して學術賞を授與しています。  本賞は、高知大學醫學部の準教授、講師、助教、大學院生、醫員及び外國人研究者を対象としており、本年度は10名の応募の中から選考の結果、以下の2名に授與することが決定され、授與式及び受賞講演會を令和3年10月19日(火)に醫學部特別會議室にて執り行いました。 遺伝子機能解析學 講師 安川 孝史 抗アルツハイマー病因子BRI2/BRI3の分解を制御する NRBP1-ユビキチンリガーゼ複合體の発見 泌尿器科 講師 田村 賢司 前立腺癌の去勢抵抗性獲得機序としてSNRPEによる アンドロゲン受容體制機構の解明と治療法の開発 .. Fri, 12 Nov 2021 09:39:57 +0900 ◆総合科學系複合領域科學部門の小﨑大輔講師らの応募課題が、高知県産學官連攜産業創出支援事業(実用化研究型)に 採択されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021110800029/  総合科學系複合領域科學部門の小﨑大輔講師らの応募課題が、令和3年度高知県産學官連攜産業創出支援事業(実用化研究型)に採択されました。  本事業は、大學等の研究シーズや企業ニーズに基づき、概ね3年程度で事業化研究(製品化研究)への移行が見込めるなど、將來的に事業化が期待できる新たな研究開発要素を持った中期的な実用化研究を採択し、研究開発の熟度を高めていくことで本県の産業振興につなげることを目的とした、高知県の委託事業です。小﨑講師は司牡丹酒造と共同研究を行い、醸造條件が未解明な優良酵母などを積極的に利用した新商品開発事業の創出を目指します。  詳しくは、こちらをご覧ください。 右から淺野徹杜氏(司牡丹酒造)、竹村昭彥社長(司牡丹酒造)、小﨑大輔講師(高知大學) Tue, 09 Nov 2021 17:19:32 +0900 ◆地域協働學部4年生の木村まいさんが、第62回日本版畫會展において入選しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021110500011/  地域協働學部4年生の木村まいさんが、日本版畫會主催「第62回日本版畫會展」において、2部門で入選しました。  本展は、版畫蕓術を通じて文化振興に寄與するとともに、作家自身の版畫蕓術の研賛によって蕓術性を高めることで社會に貢獻するという趣旨のもと開催しており、優秀な作品には賞が贈呈されます。  木村さんの作品は、令和3年11月26日(金)から12月2日(木)の期間、東京都美術館で開催される日本版畫會展で展示されます。     ?部門1(額外寸 2部の基準を超え、縦橫合計4m未満) 作品タイトル「凍解」技法:ローラー版畫(左)  ?部門2(額外寸 縦橫合計110㎝未満) 作品タイトル「晴好雨奇」技法:ローラー版畫(右) Tue, 09 Nov 2021 14:57:37 +0900 ◆サッカー部が四國大學サッカーリーグ1部で準優勝し、全國大會出場を決めました! http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021110800012/  高知大學サッカー部が、令和3年度四國大學サッカーリーグ1部において準優勝し、「MCCスポーツpresents 2021年度 第70回 全日本大學サッカー選手権大會」への出場を決めました。  同部の全國大會出場は、夏に開催された総理大臣杯全日本大學サッカートーナメントに続き、今年度二度目となりました。全日本大學サッカー選手権大會の初戦は、12月8日(水)に九州第3代表との対戦を予定しています。  四國大學サッカーリーグの試合結果は、こちらをご覧ください。   Tue, 09 Nov 2021 11:57:05 +0900 ◆新規商品開発や起業を応援! 商工中金高知支店と高知県の食品産業振興に関する協定を締結しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021110200034/  本學次世代地域創造センターと商工組合中央金庫高知支店が、10月21日にオンラインで、高知県の食品産業振興に関する協定の調印式と記者発表を行いました。  本協定は、互いに保有する情報やノウハウを活用することによって、商品開発及びブランディング支援、販路開拓など食品産業の支援事業において連攜、協力をし、高知県の食品産業振興への貢獻を目指すものです。  高知大學では、土佐フードビジネスクリエーター人材創出事業(土佐FBC)に本年度新設したオンライン受講コースに全國から受講生を受け入れており、今後は商工中金の全國ネットワーク網を活用した受講生の受け入れや事業支援、交流の連攜が図られるなどの相乗効果が生まれることが期待されます。 (左:高知大學次世代地域創造センター 石塚悟史 センター長) (右:商工組合中央金庫高知支店 得冨敬資 支店長) Fri, 05 Nov 2021 17:20:20 +0900 ◆本學名譽教授が「秋の敘勲 瑞寶中綬章」を受章されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021102100014/  このたび、本學名譽教授が「秋の敘勲」を受章されました。  瑞寶中綬章 桝田 隆宏(ますだ たかひろ)氏 (高知大學名譽教授)  桝田隆宏名譽教授は、人文學部人文學科長を務められるとともに、英米文學研究の発展に優れた功績を殘されました。 Wed, 03 Nov 2021 08:30:04 +0900 ◆醫學部老年病?循環器內科學講座の北岡裕章教授が、11月2日NHK「きょうの健康」に出演します http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021110200010/  醫學部老年病?循環器內科學講座の北岡裕章教授が、11月2日(火)20時30分から放送予定のNHK「きょうの健康」にリモートで出演します。番組では、心不全をテーマに、最新の検査方法や治療薬について解説します。是非ご覧ください。 Tue, 02 Nov 2021 12:08:26 +0900 ◆メンテナンス作業に伴う高知大學公式ホームページの停止について http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021110100013/          メンテナンス作業に伴う高知大學公式ホームページの停止について  このたび下記內容にて,本學公式ホームページサーバのメンテナンス作業を実施するため,ホームページ 閲覧及び更新作業ができない時間が発生いたします。  急なご連絡で大変恐縮ですが,ご理解とご協力をお願い申し上げます。                       記 1. 日 時(ホームページ閲覧及び更新作業ができない時間)             令和3年11月1日(月) 午後8:00~8:30の間で數分程度 2.対 象  高知大學公式ホームページ Mon, 01 Nov 2021 17:23:39 +0900 ◆【再掲】令和3年度こうち観光カレッジⅡ 基調講演及び受講生の募集 http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021100800039/  高知大學は、平成27年度から県內高等教育機関、高知県及び県內経済団體(土佐経済同友會、高知県中小企業家同友會、高知県工業會及び高知県経営者協會)と連攜し、地方創生を目指した「まち?ひと?しごと創生 高知イノベーションシステム」事業を展開しています。  例年この事業の一環として、観光地域づくりを學び観光分野で活躍できる人材の育成を目的としたプログラム「こうち観光カレッジⅡ」を開講しており、令和3年度受講生の募集期間は9月22日(水)~11月12日(金)です。  また、一般參加が可能な基調講演を11月20日(土)13:30~14:30に オンラインで開催します。講師はJTIC.SWISS代表の山田桂一郎氏で、11月18日(木)まで申し込みを受け付けています。  詳細は、以下の募集要項等をご覧ください。 【期間延長】令和3年度こうち観光カレッジⅡチラシ.pdf (954KB) 【期間延長】 令和3年度こうち観光カレッジⅡ募集要項.pdf .pdf(328KB) こうち観光カレッジⅡ受講申請書.docx(26KB) Mon, 01 Nov 2021 10:44:30 +0900 ◆大學院総合人間自然科學研究科理工學専攻1年生の三谷永久さんが、第20回情報科學技術フォーラムにおいてFIT奨勵賞を受賞しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021102600019/  大學院総合人間自然科學研究科理工學専攻1年の三谷永久さんが、第20回情報科學技術フォーラム(FIT2021)において、FIT奨勵賞を受賞しました。  本賞は、電子情報通信學會の情報?システムソサイエティとヒューマンコミュニケーショングループ及び情報処理學會が、情報科學技術に関する最新情報の収集や情報発信及び研究者同士の交流を目的として実施している「情報科學技術フォーラム」において、一般発表のセッション毎に座長により優秀な発表1件が選出され、贈呈されるものです。   三谷さんは、高性能計算の研究において新しいGPUに適した計算機合成ホログラム計算法を提案し、十分な高速化を実現した點が高く評価され、今回の受賞に繋がりました。    <論文名>AmpereアーキテクチャのGPUによる位相型計算機合成ホログラムの計算高速化  <著者名>三谷永久、鈴木康平、高田直樹 Thu, 28 Oct 2021 16:45:19 +0900 ◆自然科學系理工學部門の原忠教授らによる研究チームが、JSTが実施するSTI for SDGsアワードの優秀賞を受賞しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021102700030/  この度、本學自然科學系理工學部門の原忠教授、靜岡理工科大學土木工學科設置準備室の中澤博志教授、宮崎大學工學部工學科土木環境工學プログラムの末次大輔教授らの研究チームの取組が、國立研究開発法人科學技術振興機構(JST)が実施するSTI for SDGsアワードで優秀賞を受賞しました。  本研究チームは、近年増加傾向にある大規模災害に対して伝統的土木技術「蛇籠」の耐震性を科學的知見から解明し、安価かつ環境に配慮した土木技術として國內外への技術普及を展開してきました。  今回、本取組の持続可能性が高いことや最新の技術でなくとも STI の活用により社會課題の解決に貢獻できる好事例となること、住民參加型の活動へ発展可能なことなどが高く評価され、今回の受賞に繋がりました。また、伝統的な土木工法により水害や土砂災害などの気象災害に対するレジリエントな対応が可能であることは、柔と剛の両面を組み合わせた災害対応のひとつの選択肢になり得、SDGs 1、9、11及び17の達成に貢獻する取組として、今後、広く展開できることが期待されます。  授賞式は、JST主催のサイエンスアゴラ2021.. Thu, 28 Oct 2021 15:27:35 +0900 ◆第4回高知大學広報顕彰制度「優秀広報貢獻賞」の受賞者決定 http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021102800044/  第4回高知大學広報顕彰制度「優秀広報貢獻賞」の受賞者が下記のとおり決定しました。  広報顕彰制度は、平成30年度に制定されたものであり、積極的な情報発信や創意工夫を凝らした取組を通じて、本學の広報活動をけん引する優れた活動を行った教職員等を學長が表彰することにより、広報マインドの醸成を図り、本學における広報活動の活性化と一層の発展に資することを目的としています。 【受賞者】 <優秀広報貢獻賞> 〇今安 清光 室長(総務部物部総務課フィールド技術室) 〇田島 裕之 特任助教((元)理工學部) 〇玉里 恵美子 教授(総合科學系地域協働教育學部門) 〇花﨑 和弘 教授(醫學部外科學講座) Thu, 28 Oct 2021 15:23:21 +0900 ◆高知大學IoP共創センターが 経済産業省「J-Innovation HUB 地域オープンイノベーション拠點 (地域貢獻型)」に選抜されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021102700023/  本學IoP共創センターが、経済産業省で実施している「J-Innovation HUB 地域オープンイノベーション拠點(地域貢獻型)」に選抜されました。  本制度は、経済産業省が、大學等を中心とした地域イノベーション拠點の中から、企業ネットワークのハブとして活躍している産學連攜拠點を評価?選抜することにより、信用力を高めるとともに支援を集中させ、トップ層の引き上げを促すことを目的として令和2年から実施しています。今回本學が選抜された地域貢獻型は、特定の拠點において地域の課題解決や地域経済の振興等を目指し、地域の企業との産學連攜活動を積極的に行っている拠點を対象としたものです。  今後は、拠點間の連攜支援や経済産業省予算事業との連攜強化等について、経済産業省によるオーダーメイドの伴走支援を活かし、センターの基盤強化を進めていきます。 (參考URL)経済産業省HP https://www.meti.go.jp/press/2021/10/20211011002/20211011002.html Thu, 28 Oct 2021 13:45:35 +0900 ◆高知大學IoP共創センター開所式?看板除幕式を行います http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021102700016/  本學におけるIoPプロジェクトの全學的な拠點として令和3年10月1日に設置した高知大學IoP共創センター(IoPC3)の開所式?看板除幕式を行います。  ※IoPC3:IoP共創センターの英語表記「IoP Collaborative Creation Center」の略稱。 日    時 : 令和3年10月29日(金)10:00~11:00 場    所 : 高知大學物部キャンパス 農林海洋科學部1號館(一部オンライン) 出席者(予定): [高知大學] 櫻井學長 本家理事 北野IoP共創センター長 石塚IoP共創センター副センター長 巖尾IoP共創センター研究開発部門長 吉用IoP共創センター戦略企畫部門長 枝重農林海洋科學部長 [共創機関] 高知県農業振興部 岡林IoP推進監 Thu, 28 Oct 2021 13:44:59 +0900 ◆次期學長候補者を決定しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021102500012/  次期學長候補者を決定しました。  詳しくはこちらをご覧ください。 Mon, 25 Oct 2021 18:01:37 +0900 ◆令和3年度高知大學ホームカミングデーについて http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021102000017/  高知大學ホームカミングデーは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観點から、來場者の皆様と教職員及び學生等の健康?安全面を第一に考慮した結果、昨年度と同様に特設サイト(ホームページ)による動畫配信等を行うこととします。特設サイトの公開は、2022年1月下旬を予定しています。直接皆様とお會いできないのは殘念ですが、今年度はオンライン參加型の新たな企畫を考えており、特設サイトの公開に先立って11月以降順次ホームページやSNSにて新たな企畫のご案內を行いますので、是非お楽しみにしていてください。  高知大學は2024年に創立75周年を迎えます。2022年から2024年までの3年間をアニバーサリー期間とし、創立75周年記念の様々なイベント等を開催する予定で、今年度のホームカミングデーは創立75周年記念事業のプレイベントとして開催します。  皆様と一刻も早くお會いできることを願うと共に、皆様のご健勝とご活躍を祈念しています。 【高知大學公式SNSアカウント】 フェイスブック https://www.facebook.com/kochiuniversity/ .. Thu, 21 Oct 2021 16:20:35 +0900 ◆醫學部小児思春期醫學講座 山本雅樹講師が令和3年度日本排尿機能學會 學會賞論文部門 (基礎部門) を受賞しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021101800014/  醫學部小児思春期醫學講座の山本雅樹講師がNitric Oxide誌で発表した論文が、選考委員から最も高い評価を受け、令和3年度日本排尿機能學會學會賞論文部門 (基礎部門) を受賞しました。  本賞は、日本排尿機能學會會員が筆頭著者となっている令和2年に発行された學術誌に掲載された下部尿路機能に関する學術論文から、基礎、臨床別に1論文ずつ選出されます。  山本講師は、動物実験にてガス狀伝達物質である硫化水素が脳內GABA受容體を介して排尿反射を抑制することを明らかにしたことが高く評価され、今回の受賞に繋がりました。    <論文名>Brain hydrogen sulfide suppresses the micturition reflex via brain GABA receptors in rats  <和訳>ラットにおいて、脳內硫化水素は脳內GABA受容體を介して排尿反射を抑制する  醫學部薬理學講座ホームページはこちらをご覧ください。 Wed, 20 Oct 2021 14:43:28 +0900 ◆醫學部生理學(循環制御學)講座の戸高寛助教及び佐藤隆幸教授らの研究グループの研究成果が國際誌「European Journal of Pharmacology」に掲載されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021101800021/  醫學部生理學(循環制御學)講座の戸高寛助教及び佐藤隆幸教授らの研究グループの研究成果が國際誌「European Journal of Pharmacology」に掲載され、令和3年9月25日に電子版が公開されました。  骨格筋量の減少により、骨折や糖尿病を含めた様々な疾患の発癥リスクが増加することは広く知られています。超高齢化社會である現代においては、骨格筋量減少の悩みを抱える高齢者數は増加の一途を辿っており、骨格筋量の減少に対する新たな予防法や治療法の開発が強く求められています。  戸高助教らは、世界中で使用される認知癥治療薬であるドネペジルが筋サテライト細胞の増殖促進作用及び抗炎癥作用を有することに著目し、ドネペジルを筋損傷狀態にあるマウスに投與して骨格筋量の減少に対する効果を解析したところ、ドネペジルが筋調節因子や筋構成因子の発現量を上昇させ、さらには筋線維を肥大化させることが明らかになりました。この結果は、ドネペジルが認知癥の癥狀を改善するだけではなく、筋再生を促進するという新たな薬効を有することを示唆しています。  本研究成果は今後、骨格筋量の減少やその他.. Wed, 20 Oct 2021 13:57:00 +0900 ◆本學剣道部の西原地洋さん(教育學部4年、剣道三段)が第69回全日本剣道選手権大會(天皇杯)に出場します http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021100800046/  令和3年11月3日に日本武道館で開催される第69回全日本剣道選手権大會(天皇杯)に本學剣道部の西原地洋さん(教育學部4年、剣道三段)が出場します。  全日本剣道選手権大會は、男性剣士日本一を決定する男子個人戦のなかで最も権威のある大會で、優勝者には天皇杯が授與されます。  西原さんは、令和3年7月22日に開催された第69回全日本剣道選手権大會高知県予選會において見事優勝を果たし、高知県代表選手として第69回全日本剣道選手権大會の出場を決めました。1952年(昭和27年)創部の本學剣道部の歴史においても、全日本剣道選手権大會(天皇杯)への出場は初となります。  本年3月には同剣道部部員の藤井梨衣()さんが第59回全日本女子剣道選手権大會(皇后杯)への出場を果たしており、同年內に本學剣道部の男女が日本最高峰の「天皇杯」と「皇后杯」に出場することとなりました。  當日は、NHKによるテレビ放映及び全剣連によるライブ配信を予定していますので、応援よろしくお願いします。 Fri, 15 Oct 2021 09:59:15 +0900 ◆土佐灣の微小底生生物の殻に海水溫が正確に記録されていることを 世界で初めて実証 http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021101300019/  自然科學系理工學部門(海洋コア総合研究センター)の池原実教授、高知大學大學院修士課程修了生の北重太氏、橫浜國立大學の河潟俊吾教授の研究グループは、土佐灣の海底表層に生息する微小な底生生物(底生有孔蟲)の一種である Hanzawaia nipponica が形成する炭酸塩殻に、周囲の海水の酸素同位體比が海水溫に依存して正確に記録されていることを世界で初めて実証しました。  この底生有孔蟲種は黒潮や対馬暖流が影響する海域で多産することから、今回の実証內容は西日本沿岸から東シナ海の淺海域の海底堆積物を用いた古環境変動の研究に応用できる重要な成果となります。  今後は、同種の化石殻の酸素同位體比を分析することで、過去の黒潮域の海水溫の変化を復元解析することができる「古水溫計」として活用が期待されます。  詳細についてはこちらをご覧ください。 Fri, 15 Oct 2021 09:56:02 +0900 ◆総合科學系複合領域科學部門の仁子陽輔助教の研究課題が、武田科學振興財団「2021年度生命科學研究助成」に採択されました。 http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021100500014/  総合科學系複合領域科學部門の仁子陽輔助教の研究課題「強散亂體を突破する革新的生體二光子蛍光イメージング技術の確立に向けた超高輝度蛍光ナノプローブの創成」が、公益財団法人武田科學振興財団「2021年度生命科學研究助成」に採択されました。  本助成は、生命科學分野における新たな発見に貢獻し、當該分野の進歩及び発展の基盤となる獨創的な研究を対象としています。今回の研究課題では、極めて高い輝度を示す蛍光性のナノ材料を創成することにより、これまで不可能であった脳深部領域血管の観察を生體二光子蛍光イメージング技術で可能とし、脳神経や血管疾患をはじめとする種々の疾患の予防、診斷、治療技術の創発を目指します。 Thu, 14 Oct 2021 16:42:03 +0900 ◆室戸貫歩中止のお知らせ http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021100800022/  例年秋頃に開催しています室戸貫歩(高知大學空手部主催)は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観點等から、參加者及び関係者の健康?安全面を第一に考慮した結果、令和3年度も中止することにしましたのでお知らせします。 <問い合わせ先> 學生支援課 學生生活支援係 Tel:088-884-8149 Thu, 14 Oct 2021 09:43:14 +0900 ◆令和2事業年度財務諸表等の公表について http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021100800015/ 2021年10月8日 令和2事業年度財務諸表等の公表について  國立大學法人は、國民その他の利害関係者に対し、財政狀態及び運営狀況に関する説明責任を果たすとともに、自らの財務狀況を客観的に把握する観點から、毎事業年度の財務諸表等(貸借対照表、損益計算書、利益の処分又は損失の処理に関する書類、キャッシュ?フロー計算書、國立大學法人等業務実施コスト計算書及びこれらの附屬明細書)、事業報告書、決算報告書を作成し公表することが義務付けられています。  このたび、令和2事業年度財務諸表等につきまして、令和3年8月31日付けで文部科學大臣の承認を受けましたので、ここに公表いたします。   「令和2事業年度財務諸表等」 詳細については、こちらをご覧ください。 (注)計數については、単位未満を切り捨てていますので、合計が一致しない場合があります。 問い合わせ先 : 財務部 財務課 決算係 (TEL:088-844-8122) Fri, 08 Oct 2021 18:45:09 +0900 ◆國立研究開発法人科學技術振興機構(JST)のACT-Xに、本學の応募課題2件が採択されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021041200011/  この度、國立研究開発法人科學技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業(ACT-X)において、本學より2件の研究課題が採択されました。  ACT-Xでは、我が國が直面する重要な課題の克服に向けて、獨創的かつ挑戦的なアイデアを持つ優れた研究者の発掘?育成と科學技術イノベーションに繋がる新たな価値の創造を目指した研究の支援を行っています。 ?総合科學系複合領域科學部門 助教 仁子 陽輔 課題名「生體內エクソソーム動態を可視化する革新的蛍光プローブの創成」 ?日本學術振興會特別研究員 (PD)(高知大學 客員助教) 高橋 迪子  課題名「環境中の損傷ウイルスサルベージ技術の開発」  2021年度戦略的創造研究推進事業(ACT-X)採択結果はこちら Wed, 06 Oct 2021 17:05:41 +0900 ◆教育學部音楽教育コース學生による演奏?手作り楽器制作のYoutube動畫公開 http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021091300044/  本學教育學部音楽教育コースは、例年8月に行っている香美市小學生を対象とした「サマーチャレンジ☆スクスクール」において、大學の授業の一環として「楽器にチャレンジ」という講座の音楽體験と楽器制作を擔當しています。  今年度の講座は新型コロナウイルス感染拡大のため中止となりましたが、本學學生が作成した演奏と楽器制作の動畫を公開していますので、是非ご覧ください。 〇「雷鳴と稲妻」高知大學教育學部音楽教育コース學生有志による演奏 https://youtu.be/VVYVerTyuGc この動畫は、講座で演奏する予定であったヨハンシュトラウス2世作曲「雷鳴と稲妻」の演奏動畫で、「自然の中の音楽を感じよう」をテーマに選曲しました。 〇「ポテ?チャイムを作ろう」高知大學教育學部音楽教育コース學生による手作り楽器制作 https://youtu.be/U0lO2RBHkQA この動畫は、講座で取り組む予定であった「ポテ?チャイム」の制作動畫です。 Mon, 04 Oct 2021 11:07:56 +0900 ◆所信表明の會を実施します http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021092900021/  所信表明の會を実施します。  詳しくはこちらをご覧ください。 Wed, 29 Sep 2021 18:05:00 +0900 ◆第1次學長候補者選考結果を公表しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021092900014/  第1次學長候補者選考結果を公表しました。  詳しくはこちらをご覧ください。 Wed, 29 Sep 2021 17:26:02 +0900 ◆大學院総合人間自然科學研究科農林海洋科學専攻2年の大塚有希菜さんが、日本ベントス學會?日本プランクトン學會合同大會において學生優秀発表賞を受賞しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021092200015/  令和3年9月18日~19日に開催された日本ベントス學會?日本プランクトン學會合同大會において、大學院総合人間自然科學研究科農林海洋科學専攻2年の大塚有希菜さんが、日本プランクトン學會學生優秀発表賞を受賞しました。  この賞は、本合同大會において優れた研究発表を行った演者に贈られるものです。大塚さんは、自然科學系農學部門の足立真佐雄教授の指導の下、內部標準を用いた定量的メタバーコーディングに関する研究を行ってきました。メタバーコーディングとは、超並列シーケンサー(ゲノム配列解析を高速に行う裝置)を用いることにより、様々な生態系における微生物の多様性や組成を網羅的に明らかにする方法です。大塚さんは內部標準として用いる核酸を獨自の手法で作成し、メタバーコーティングの際に予め解析対象の試料に添加することにより、従來の方法ではできなかった試料中の微生物の定量化に成功しました。本手法は、様々な生態系における微生物群集を網羅的かつ定量的に評価する際に有用と考えられ、今後の微生物生態學に大きく貢獻できると判斷されたことから、今回の受賞に繋がりました。  <演題.. Tue, 28 Sep 2021 15:52:59 +0900 ◆「からふるパレット」の再開について http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021092800031/ 令和3年9月28日 學生の皆さんへ 學生総合支援センター長                                       小島 郷子 「からふるパレット」の再開について  新型コロナウイルス感染拡大防止のため閉所していました「からふるパレット」を、9月28日(火)から再開することにしましたので、お知らせします。 【問合せ先】 からふるパレット  TEL:088-888-8037 インクルージョン支援推進室  TEL:088-888-8036  E-mail:shugakushien★kochi-u.ac.jp  (★を@に変えて送信してください) Tue, 28 Sep 2021 14:26:02 +0900 ◆國立大學法人の機能強化へ向けた國による支援の充実を求める聲明について http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021092100018/  令和3年9月16日、本學経営協議會學外委員から「國立大學法人の機能強化へ向けた國による支援の充実を求める聲明ー第4期中期目標期間に向けてー」が発表されました。  聲明は以下よりご覧ください。 國立大學法人の機能強化へ向けた國による支援の充実を求める聲明.pdf(216KB) Wed, 22 Sep 2021 09:23:08 +0900 ◆新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う物部キャンパス一日公開中止のお知らせ http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021091500017/  令和3年11月3日(水?祝)に高知大學物部キャンパスで開催を予定していた物部キャンパス一日公開は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観點から、參加者及び関係者の健康?安全面を第一に考慮した結果、中止することにします。 <問い合わせ先> 物部総務課 総務係 Tel:088-864-5114 E-mail:km03●kochi-u.ac.jp("●"を"@"に変えて送信してください) Thu, 16 Sep 2021 10:45:00 +0900 ◆醫學部醫學科薬理學講座の清水翔吾助教及び齊藤源顕教授らの研究グループの研究成果が國際誌「Life Sciences」に掲載されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021091300037/  醫學部醫學科薬理學講座の清水翔吾助教及び齊藤源顕教授らの研究グループの研究成果が國際誌「Life Sciences」に掲載され、2021年7月24日に電子版が公開されました。  我が國をはじめ先進國では人口の高齢化に伴い排尿障害に罹患する患者數が増加しており、生活の質や健康壽命の低下は大きな問題となっています。排尿障害の中でも、排尿筋収縮低下や収縮時間が減少するため効率よく尿を排出できなくなる排尿筋低活動は、成因が十分明らかになっておらず、発癥機序解明や新規予防?治療法の開発が社會的に求められています。  本研究成果により、加齢に伴う重度の高血圧が排尿筋低活動発癥に関與する可能性が示唆され、排尿筋低活動の病態解明及び新規予防?治療法開発に有用な知見となることが期待されます。 <論文名> Aging-related severe hypertension induces detrusor underactivity in rats <和訳>加齢に伴う重度の高血圧はラットにて排尿筋低活動を引き起こす  詳細はこちら.. Tue, 14 Sep 2021 09:28:31 +0900 ◆醫學部醫學科薬理學講座の清水孝洋準教授及び齊藤源顕教授らの研究グループの総説が國際誌「International Journal of Urology」に掲載され ました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021083000044/  醫學部醫學科薬理學講座 清水孝洋準教授及び齊藤源顕教授らの研究グループの総説が國際誌「International Journal of Urology」に掲載され、2021年8月12日に電子版が公開されました。  本総説では、心理?精神ストレスが排尿機能へ及ぼす影響について検討した過去の研究報告及び清水準教授らが明らかにした排尿制御に関與する脳內分子を紹介しながら、ストレスや脳に著目した排尿機能、排尿障害研究の今後の展望について概説しています。 <論文名>Psychological/mental stress-induced effects on urinary function: Possible brain molecules related to psychological/mental stress-induced effects on urinary function <和 訳>心理/精神ストレスが排尿機能に及ぼす影響:心理/精神ストレスによる排尿機能への影響に関與する可能性を有する脳內分子群  詳細はこちらをご覧ください。  醫.. Mon, 13 Sep 2021 15:29:50 +0900 ◆新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う南風祭中止のお知らせ http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021090300014/  令和3年10月9日(土)~令和3年10月10日(日)に醫學部で開催を予定していた南風祭は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観點から、參加者及び関係者の健康?安全面を考慮した結果、中止することにします。 <問い合わせ先> 學生課 學生支援係 Tel:088-880-2528 E-mail:ia30●kochi-u.ac.jp("●"を"@"に変えて送信してください) Mon, 13 Sep 2021 11:40:39 +0900 ◆國立大學法人高知大學學長候補者選考の學內意向投票期日を公示しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021091300020/  國立大學法人高知大學學長候補者選考の學內意向投票期日を公示しました。  詳しくはこちらをご覧ください。 Mon, 13 Sep 2021 10:01:06 +0900 ◆JICA「草の根技術協力事業」のキックオフミーティングを開催しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021083000013/  國際協力機構(JICA)が実施している「草の根技術協力事業」において、本學が提案した「住民參加で行う低コスト型蛇籠護岸の普及と河川防災活動支援事業」が採択され、令和3年8月18日(水)にJICA、本學及び參畫機関によるキックオフミーティングをオンラインで開催しました。  ネパールの中山間地域は、急峻な地形で形成されているため地震や豪雨による斜面災害が多発しており、これまで多くの人命や生活基盤が失われてきました。そこで本事業では、ネパールの現地技術者に対し、高知県の防災対策と高知大學の知見を活かした河川氾濫などの対策となる防災蛇籠の設計?施工技術の移転を行います。また、日本及びネパールの技術者が協働して、ハザードマップ作成など防災についての各種啓蒙活動を現地住民とともに実施することにより、現地住民による持続的かつ自律的な防災活動の體制構築を目指すものです。  當日は、プロジェクトマネージャーを務める高知大學防災推進センターの原教授とカウンターパートのPratap氏(現地NGO代表)から本事業についての概要と今後の展開が説明されました。キックオフミーティング終了後の質疑応答で.. Tue, 07 Sep 2021 13:52:19 +0900 ◆大學院総合人間自然科學研究科教育學専攻2年生の亀山晃和さんらの論文が日本理科教育學會の學會誌「理科教育學研究」に掲載されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021082700020/  大學院総合人間自然科學研究科教育學専攻2年生の亀山晃和さんらの研究論文が、日本理科教育學會の學會誌「理科教育學研究」62-1號に掲載されました。  本研究では、理科授業において、學級內の社會的地位(スクールカースト)が低い生徒は、授業での実験グループに対する心理的安全性(個人が感じている気兼ねなく発現できる雰囲気や信念)が低くなりやすく、批判的議論を行うことが難しいことが示されました。また、教師がグループで実験(観察)に取り組むよう指示した場面を生徒に想像させるとスクールカーストが低い生徒ほど高いストレス反応を示したのに対し、教師の説明を聞いている場面を想像させたときにはストレス反応の差は生じませんでした。  理科教育において実験(観察)による対話的な學びは不可欠です。以上の研究成果より、授業中にうまく批判的議論ができていない生徒に対しては?間関係の問題を疑うことが適切な教育支援につながる一歩になると考えられます。  <論文名>學級內の社會的地位と実験グループに対する心理的安全性が理科授業における批判的議論とストレス反応に及ぼす影響  詳細.. Mon, 06 Sep 2021 09:26:39 +0900 ◆非常勤職員等を対象とした事務職員採用試験のお知らせ http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021083000020/  高知大學の非常勤職員等を対象とした事務職員採用試験を実施します。  詳しくはこちらをご覧ください。   受付期間    令和3年9月1日(水)~9月10日(金)   第1次試験日  令和3年10月17日(日)   採用予定日   令和4年4月1日(金)   採用予定數   若干名 【問い合わせ先】  〒780-8520 高知市曙町二丁目5番1號  高知大學総務部人事課人事管理係  電話 088-844-8118  E-Mail kj07●kochi-u.ac.jp (●を@に書き換えて送信してください。) Wed, 01 Sep 2021 08:30:00 +0900 ◆人文社會科學系教育學部門朝岡寛史講師らの論文が「Developmental Neurorehabilitation」に掲載されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021082400029/  人文社會科學系教育學部門の朝岡寛史講師らの研究グループが、発達障害のひとつである自閉スペクトラム癥(Autism Spectrum Disorder; 以下, ASD)児における直示動詞「行く/來る」の適切な使用を促す條件の一端を同定し、その研究成果がTaylor & Francis社オンライン雑誌「Developmental Neurorehabilitation」に掲載されました。  今回の研究により、ASD児に直示動詞の適切な使用を促進させるには、質問者が質問に応じた位置関係に並び動きを注視させ、質問者の動きに同期(シンクロ)させることが有効であると考えられ、今後、ASD児のトレーニングへの活用が期待されます。 <論文名>Improving the Use of Deictic Verbs in Children with Autism Spectrum Disorder <和 訳>自閉スペクトラム癥児における直示動詞使用の改善 <著 者>朝岡寛史?馬場千歳?藤本夏美?小林千紗?野呂文行   詳細はこちらをご覧ください。 .. Tue, 31 Aug 2021 15:45:01 +0900 ◆第5回高知大學フォトコンテストの実施について http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021070700018/  令和3年7月16日(金)より、高知大學フォトコンテストへの応募作品の受付を開始します。第5回目となる今年は「わたしのキャンパスライフ」をテーマとし、大學構內の風景、教育?研究活動、サークル活動など、高知大學の魅力が伝わる寫真をお待ちしています。撮影日の制限はありませんので、過去の寫真も応募可能です。応募作品の中から入賞作品を選定し、受賞者には賞品を贈呈します。  なお、応募いただいた寫真は、高知大學の魅力を學內外に伝えるために今後活用させていただく予定です。  詳細は以下の募集要項をご參照ください。 第5回高知大學フォトコンテスト募集要項.pdf(2MB) 第5回高知大學フォトコンテスト応募用紙.docx(20KB) <問い合わせ先> 総務課広報室 Tel:088-844-8643 E-mail:kh13●kochi-u.ac.jp("●"を"@"に変えて送信してください) Mon, 30 Aug 2021 17:17:46 +0900 ◆醫學部醫學科薬理學講座の齊藤源顕教授が、LUTS Top Reviewer Award 2020を受賞しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021082400012/  醫學部醫學科薬理學講座の齊藤源顕教授が、排尿関連の英文機関誌「LUTS:Lower Urinary Tract Symptoms」において、LUTS Top Reviewer Award 2020を受賞しました。  本賞は學術論文の査読回數などLUTSに対して優れた貢獻をした者に贈られるもので、2020年においては、年間の査読完了件數で上位10%に相當する58名が受賞者として選ばれています。  醫學部薬理學講座ホームページはこちらをご覧ください。 Fri, 27 Aug 2021 11:45:11 +0900 ◆醫學部眼科學講座 岸本 達真 特任助教が日本眼感染癥學會 學術奨勵賞(三井賞)を受賞しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021082500019/  醫學部眼科學講座 岸本達真 特任助教が日本眼感染癥學會 學術奨勵賞(三井賞)を受賞し、2021年7月23日に開催された第57回日本眼感染癥學會において、受賞式及び受賞講演が行われました。  本賞は、眼感染癥の優れた課題を研究中で、その業績(一部でも可)を日本眼感染癥學會に発表した研究者のうち特に優秀な者に贈られるものです。  岸本特任助教は、抗菌薬非依存性の非常に畫期的な治療法であるファージ療法により眼內炎が治療できる可能性を世界で初めて報告し、今後、臨床にも応用が期待できることについて高く評価され、今回の受賞に繋がりました。  詳しくはこちらをご覧ください。 <論文名> Therapeutic effects of intravitreously administered bacteriophage in a mouse model of endophthalmitis caused by vancomycin-sensitive or-resistant enterococcus faecalis. Antimicrob A.. Fri, 27 Aug 2021 11:43:57 +0900 ◆醫學部醫學科微生物學講座の橋田裕美子助教と大畑雅典教授、耳鼻咽喉科學講座の兵頭政光教授らの研究グループの研究成果が『Cancer Science』に掲載されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021082400036/  醫學部醫學科微生物學講座の橋田裕美子助教と大畑雅典教授、耳鼻咽喉科學講座の兵頭政光教授らの研究グループの研究成果が『Cancer Science』に掲載され、2021年8月12日に電子版が公開されました。  ヒトパピローマウイルス(HPV)関連中咽頭がんは、同じウイルスを原因とする子宮頸がんよりも患者數の増加が世界的に著しい悪性腫瘍です。性行為の多様化に伴いわが國においても増加傾向にあり、今やHPV関連がんと言えば中咽頭がんと言っても過言ではなくなりました。なかでも40~50代の比較的若年層で中咽頭がん発癥の増加がみられ、その克服が大きな課題となっています。  HPV関連中咽頭がんは、HPV非関連がんと比較し治療後の予後が良好であることが大きな特徴ですが、HPV関連中咽頭がんの中にも予後不良癥例が存在します。そこで本研究グループは予後規定因子を同定する為、HPV DNA量の単変量解析および多変量解析を行ったところ、HPV DNA量が少ない場合は、有意差をもって全生存期間と無増悪生存期間が長くなることを見出しました。  今回の研究で得られた新たな知見は、今後、HPV関.. Fri, 27 Aug 2021 10:50:33 +0900 ◆「からふるパレット」の閉所について http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021082500026/ 令和3年8月25日 學生の皆さんへ 學生総合支援センター長                            小島 郷子 「からふるパレット」の閉所について  本學の新型コロナウイルス感染拡大防止のための活動指針における制限レベルが3になりましたので、「からふるパレット」は8月20日(金)から當分の間、閉所します。  なお、開所できるようになりましたら、本學HPでお知らせします。 ※合理的配慮や修學上の困りごとに関する相談は継続していますので、相談を希望する方は下記問合せ先まで連絡してくださ  い。 【問合せ先】 インクルージョン支援推進室(からふるパレット) TEL:088-888-8037 E-mail:shugakushien●kochi-u.ac.jp ※ メールを送信する際は「●」を「@」に変換してください。 Wed, 25 Aug 2021 16:58:17 +0900 ◆大學生協店舗の営業について http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021082500033/ 令和3年8月25日 學生の皆さんへ 學務部學生支援課 大學生協店舗の営業について  本學の新型コロナウイルス感染拡大防止のための活動指針における制限レベルが3になりましたが、大學生協においては感染防止対策を十分に行ったうえで店舗営業を継続します。ただし、朝倉キャンパスのショップは、都合により8月26日まで営業を休止します。  なお、下記の【注意事項】を遵守願います。                   記 【注意事項】 ?店舗利用時は必ずマスクを著用してください(著用無い場合は、入店不可)。 ?食事、購入等が終われば、速やかに退出してください。 ?生協職員の指示に従って行動してください。 ?自転車は必ず所定の駐輪場に駐輪して下さい。朝倉キャンパスの學生會館周り、特に赤レンガ広場周辺等のスペースは  駐輪場ではないので、自転車を置かないで下さい。 ?その他、新型コロナウイルス感染癥対策にご理解?ご協力をお願いします。 Wed, 25 Aug 2021 16:57:54 +0900 ◆総合科學系複合領域科學部門の小﨑大輔講師らの研究成果が、Analytical Methods誌に掲載されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021080600063/  総合科學系複合領域科學部門の小﨑大輔講師、森勝伸教授、総合人間自然科學研究科理學専攻2年生(當時)の濱崎真一さん、理工學専攻2年生の土居睦卓さん、味の素ファインテクノ株式會社らのA-STEP(トライアウト)事業関連研究チームによる、「完全閉鎖セル式水銀還元気化法を用いた簡易水銀測定キットの開発」に関する研究成果が、2021年3月7日付けでAnalytical Methods誌に掲載されました。また、同論文は、Analytical Methods誌のフロントカバー及び"Analytical Methods HOT Articles 2021"としても選出されました。  今回、小﨑講師らの研究チームは、2020年A-STEP事業に研究課題が採択されたことにより、従來、開放系の石英セルを利用して行ってきた還元気化原子吸光光度法による無機水銀の測定について、試料保管、水銀還元気化、測定や測定後の保管までの全工程を閉鎖系の石英セル內で完結できる新たな手法を開発しました。この手法により、これまで実験室ベースでの運用を想定していた還元気化原子吸光光度法が、現場の.. Tue, 24 Aug 2021 14:29:13 +0900 ◆人文社會科學系教育學部門の伊谷行教授らの研究により、サナダユムシの本體を88年ぶりに採集することに成功しました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021080600025/  人文社會科學系教育學部門の伊谷行教授、黒潮圏総合科學専攻博士課程3年生(當時)の塩崎祐斗さん、本學卒業生で京都大學舞鶴水産実験所の邉見由美助教と京都大學瀬戸臨海実験所の後藤龍太郎助教による研究グループが 、88年ぶりに瀬戸內海の干潟でサナダユムシの本體の採集に成功し、2021年8月6日付けで國際學術誌「Plankton & Benthos Research」に掲載されました。  詳細はこちらをご覧ください。 掲載誌:Plankton and Benthos Research DOI:https://doi.org/10.3800/pbr.16.155 論文名:Giant spoon worms pumped out of their deep burrows: First collection of the main bodies of Ikeda taenioides (Annelida: Thalassematidae: Bonelliinae) in 88 years 著者:Ryutaro Goto, Yumi Henmi, Yuto .. Fri, 20 Aug 2021 11:28:42 +0900 ◆醫學部醫學科薬理學講座の東洋一郎講師と齊藤源顕教授らの研究グループの総説が、國際誌「International Journal of Molecular Sciences」に掲載されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021080600056/  醫學部醫學科薬理學講座の東洋一郎講師と齊藤源顕教授らの研究グループの総説が、國際誌「International Journal of Molecular Sciences」に掲載され、2021年7月26日に電子版が公開されました。  虛血性脳卒中は患者數の多い脳疾患の一つで、特に虛血性脳卒中による海馬の神経傷害は認知癥に関與するため、重大な問題となります。この神経傷害の原因としては、再灌流後の活性酸素産生の増加や神経細胞內Zn2+ホメオスタシスの破綻が考えられています。一方、グルタチオン (GSH) は神経細胞內において抗酸化作用を示し、神経保護や細胞內のZn2+ホメオスタシスの維持にも関與するため、虛血性神経細胞死に対する內因性神経保護因子として認識されています。  今回の総説で東講師らは、海馬における虛血性神経細胞死に対するGSHの神経保護作用について、GSH生合成に関與する輸送擔體の日內変動に著目しながら概説しています。  醫學部醫學科薬理學講座のHPはこちら <論文名> Protective Role of Glutathione.. Thu, 19 Aug 2021 13:51:07 +0900 ◆RKC高知放送の特別番組「高知×元気の原動力~高知大學?地方創生推進士~」が放送されました http://www.sakurashi-kankou.net/information/2021080600049/  令和3年6月27日に、RKC高知放送の特別番組「高知×元気の原動力~高知大學?地方創生推進士~」が放送されました。  地方創生推進士とは、高知県內の高等教育機関で実施されている教育プログラムにおいて、地域住民と積極的に觸れ合い地域の課題解決に取り組むことで地域への理解と愛情を深め、地域で働き貢獻したいという志を持った學生に與えられる稱號です。本學でも、人口減少が課題となっている高知県において大學生の県內定著増を図るため、地方創生推進士を育成し認証しています。  今回の番組では、地方創生推進士を目指す現役大學生や卒業後に県內企業へ就職した地方創生推進士に密著し、様々な活動や思いを紹介することで、地方創生推進士の意義や役割をお伝えしています。當日放送された內容は本學のホームページでも閲覧可能ですので、是非ご覧ください。  詳細はこちらをご覧ください。 Thu, 19 Aug 2021 11:10:43 +0900 成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院