◆醫學部生理學(循環制御學)講座の戸高寛助教及び佐藤隆幸教授らの研究グループの研究成果が國際誌「European Journal of Pharmacology」に掲載されました

2021年10月20日

 醫學部生理學(循環制御學)講座の戸高寛助教及び佐藤隆幸教授らの研究グループの研究成果が國際誌「European Journal of Pharmacology」に掲載され、令和3年9月25日に電子版が公開されました。

 骨格筋量の減少により、骨折や糖尿病を含めた様々な疾患の発癥リスクが増加することは広く知られています。超高齢化社會である現代においては、骨格筋量減少の悩みを抱える高齢者數は増加の一途を辿っており、骨格筋量の減少に対する新たな予防法や治療法の開発が強く求められています。

 戸高助教らは、世界中で使用される認知癥治療薬であるドネペジルが筋サテライト細胞の増殖促進作用及び抗炎癥作用を有することに著目し、ドネペジルを筋損傷狀態にあるマウスに投與して骨格筋量の減少に対する効果を解析したところ、ドネペジルが筋調節因子や筋構成因子の発現量を上昇させ、さらには筋線維を肥大化させることが明らかになりました。この結果は、ドネペジルが認知癥の癥狀を改善するだけではなく、筋再生を促進するという新たな薬効を有することを示唆しています。

 本研究成果は今後、骨格筋量の減少やその他の筋疾患に対する新たな予防法や治療法の開発に大きく貢獻できることが期待されます。

 

<論文名>Donepezil, an anti-Alzheimer's disease drug, promotes differentiation and regeneration in injured skeletal muscle through the elevation of the expression of myogenic regulatory factors

<和訳>認知癥治療薬ドネペジルは損傷した骨格筋において筋調節因子の発現を増加させて筋再生を促進する

 

 詳細はこちらをご覧ください。

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている內容について、不明點や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所

成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院