◆土佐灣の微小底生生物の殻に海水溫が正確に記録されていることを 世界で初めて実証

2021年10月15日

 自然科學系理工學部門(海洋コア総合研究センター)の池原実教授、高知大學大學院修士課程修了生の北重太氏、橫浜國立大學の河潟俊吾教授の研究グループは、土佐灣の海底表層に生息する微小な底生生物(底生有孔蟲)の一種である Hanzawaia nipponica が形成する炭酸塩殻に、周囲の海水の酸素同位體比が海水溫に依存して正確に記録されていることを世界で初めて実証しました。

 この底生有孔蟲種は黒潮や対馬暖流が影響する海域で多産することから、今回の実証內容は西日本沿岸から東シナ海の淺海域の海底堆積物を用いた古環境変動の研究に応用できる重要な成果となります。

 今後は、同種の化石殻の酸素同位體比を分析することで、過去の黒潮域の海水溫の変化を復元解析することができる「古水溫計」として活用が期待されます。

 

 詳細についてはこちらをご覧ください。

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている內容について、不明點や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所

成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院