◆総合科學系複合領域科學部門の仁子陽輔助教の研究課題が、武田科學振興財団「2021年度生命科學研究助成」に採択されました。

2021年10月14日

 総合科學系複合領域科學部門の仁子陽輔助教の研究課題「強散亂體を突破する革新的生體二光子蛍光イメージング技術の確立に向けた超高輝度蛍光ナノプローブの創成」が、公益財団法人武田科學振興財団「2021年度生命科學研究助成」に採択されました。

 本助成は、生命科學分野における新たな発見に貢獻し、當該分野の進歩及び発展の基盤となる獨創的な研究を対象としています。今回の研究課題では、極めて高い輝度を示す蛍光性のナノ材料を創成することにより、これまで不可能であった脳深部領域血管の観察を生體二光子蛍光イメージング技術で可能とし、脳神経や血管疾患をはじめとする種々の疾患の予防、診斷、治療技術の創発を目指します。

 

●このページについてのお問合せは...

お問合せフォームへ

掲載されている內容について、不明點や疑問に感じたことなどございましたらお気軽にお問合せください。

インフォメーション

インフォメーション
AED設置場所

成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院